サウジ戦:2-3で敗退

 各種BLOGでは、がっかりとのコメントが多い。したり顔のコメントが多いが、情報の出所に責任感を感じられない。監督采配などへ、感情的な起伏の多いコメント多いが、個人的ストレス発散か?
 新聞報道では、事前から注意が喚起されていた、集中力不足による失点が多く。大会期間中に改善できなかった。オーストラリア戦で燃え尽きたとの感想も。
 報道によるオシム監督のコメントでは、ラッキーな国が勝つとのこと。なるほど。
 私的には、中澤・阿部の執念に賞賛を送りたい。しかし、集中力不足でマークの不徹底を済ませられるだろうか?Rule作りの穴を突かれた様に感じる。
 戦術的には、GOAL前での無駄パスが多い。相手が小学生だったら、打たせて跳ね返りを狙うように指示するが、オシム監督のスタイルかも。オ-ストラリア戦(?)での俊輔のFineGoalの再現を狙っているのだろう。
 
 次の3位決定戦は、宿敵韓国。集中力が最後高まる事を期待する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック